メインイメージ

皮膚科とサロンの脱毛の違いとは?


脱毛は東京の医師に相談しましょう

永久脱毛は皮膚科で行う方が完全。

皮膚科での脱毛とサロンの違いを知ってますか?
永久脱毛とは毛の再生を破壊し毛を生えてこないようにすることで、破壊行為自体が医療免許がないとできないことになっています。ですから、永久的な脱毛は皮膚科で行う方が完全であるとのことです。
レーザーと光脱毛の違いをまず理解しないといけません。レーザーは毛根に光は毛の色素に照射する違いです。なので、レーザーは根本を破壊するため毛の周期で回数も少なくて済みますが、光であると回数がかかることになります。
どちらも、メリット・デメリットがありますので、自分に合った方を選ぶ必要があります。

肌へのトラブルが起きた場合は対処してもらえます。

永久脱毛は皮膚科で!!
万が一、肌へのトラブルがおきてしまったとしても対処してくれるのが利点であり、わざわざ別の病院を探す必要がありません。最近では、サロンでのトラブルも少なく、光脱毛の特徴は肌への負担がかなり抑えてあるため、売りになっているのも事実です。脱毛を行う部位にも効果の大小がかなり違うそうです。
特に効果が出やすい場所がワキです。毛質が一般的に多くなければ、サロンでも充分良い結果が得られるでしょう。

皮膚科でもサロンでも低価格でのキャンペーンを目にするのがワキでの金額だと思います。
ワキの脱毛から入りやすい分、勧められて高額な料金と全身脱毛をする羽目になったと言うことは良く耳にします。勧められるままでなく、自分で選ぶ必要がありますので、正しい情報の中、自分にあった店舗を選びましょう。
低価格で何年もかかるか?少々割高でも短期間で終わるか?安心をとるか口コミをとるか?キレイになるにはお金も時間もかかるということです。